Building connections to empower our community to better respond to and treat cross-cultural intimate partner violence for a safer Okinawa.

国際カップルの間でのIPV(親密なパートナーによる暴力)に地域全体で対処できるように、私たち一人ひとりの力を結集し、より安全な沖縄の実現をめざします。

IPV 2.png

Bridging communities

懸け橋となる

This community-building project was initiated through a U.S. State Department grant to increase Okinawan and American military communities’ collaboration on the topic of cross-cultural Intimate Partner Violence in Okinawa. A day-long symposium will encourage stakeholders, first responders, and helpers in both the Okinawan and American military communities on Okinawa to talk, learn, and network together.

このイベントは、沖縄における日本人と外国人との国際カップルのIPV (intimate partner violence: 親密なパートナーによる暴力)に関して、沖縄と在沖米軍との協力体制を高めるため、米国務省が資金を提供する地域連携プロジェクトです。終日行われるシンポジウムでは、沖縄と在沖米軍の関係者、緊急対応機関、支援者が集まり、共に協議し、学び、ネットワーク作りをします。

“When Americans and Okinawans form intimate relationships, these cross-cultural couples face unique challenges.”

— Dr. Marta GARRETT, facilitator

「アメリカ人と沖縄の人が親密な関係を築いたとき、文化の違う者同士のカップルだからこその課題に直面することになります。」

マルタ・ギャレット博士(ファシリテーター)

 

Dr. Marta Garrett is a licensed marriage and family therapist/mental health professional with more than three decades of experience within the American military community including more than a decade of clinical work on Okinawa.

マルタ・ギャレット博士は、結婚・家族を専門としたセラピストであり精神衛生の専門家でもある。30年以上米軍と関わった経験を持ち、沖縄での臨床経験も10年以上になる。

Learn about this symposium シンポジウムの詳細はこちら →

IMG_0840.JPG

Background

背景

Intimate partner violence (IPV) is a growing and substantial problem around the world. It is challenging to know exactly how many cross-cultural couples on Okinawa could be at risk - but every one of them deserves our best effort to help keep them safe.

IPV(親密なパートナーによる暴力)は世界中で増加傾向にある深刻な問題です。沖縄にいる国際カップルの中に、IPVの危険があるカップルがどのくらいいるのか正確に把握することは難しいですが、どのケースにおいても当事者の安全が確保されるよう、私たちが最善の努力を尽くす必要があります。

25%

In the U.S., nearly one in four women are at risk of intimate partner violence at some point in their lifetime.

アメリカでは、女性の約4人に1人が、一生の間に一度は親密なパートナーによる暴力を受ける危険があります。

33%

Globally, this risk rises to one in three women according to the Center for Disease Control (CDC).

アメリカ疾病予防管理センターによると、世界的にはこの割合は33%に上ります。

In addition to the obvious emotional strain and risk to personal safety, intimate partner violence heavily impacts communities with lost wages, wasted human potential, and legal and medical burdens. Typically, negative consequences of intimate partner violence are ameliorated through a variety of public and private programs that evolve to meet the educational, legislative, treatment, and victim needs of each specific community.  In Okinawa, the potential for intimate partner violence and the landscape to address these issues are exponentially more complex due to the unique population composition and cultural characteristics of the island community. 

IPVのせいで心理的な苦痛を受け個人の安全が危ぶまれるのは当然のことですが、収入の減少、個人の可能性の損失、法的負担や医療負担など、社会全体にも深刻な影響が及びます。しかし、教育、法的サポート、治療、被害者支援など、その社会のニーズに合った公的および私的なプログラムを通して、マイナスの影響を緩和することができます。沖縄では、様々な人が混在する特殊性や島社会という特徴により、IPVの可能性やそれに対処するシステムがより複雑になっています。

When young Americans and Okinawans form intimate relationships these cross-cultural couples not only face typical relational challenges as they navigate the world of dating and partnering but also vast cultural and language differences.  They may struggle with additional pressures from their respective communities as they attempt to straddle two worlds with different laws, cultures, and values.  Additionally, they face a time crunch regarding long-term relational decisions as the military member inevitably faces moving away from Okinawa.  Finally, not sharing the same native language, these relational challenges occur within the handicapped ability to communicate openly and effectively.  These unique tribulations can forge tighter bonds for these young couples as they try to meet these challenges together as a couple, but they may also serve to isolate the couple from their peers and potential support systems - all of which may put them at higher risk for intimate partner violence.  

若いアメリカ人と沖縄の人が親密な関係を築いた時、デートを重ねパートナーとしての関係を深めていく上で普通のカップルが経験する様々な問題に加え、文化や言葉の違いにも直面します。法律も、文化も、価値観も違う二つの世界をまたごうとする中で、それぞれが周りからの圧力を受ける場合もあります。さらに、米軍人の場合はいずれ沖縄を去る時が来るため、生涯を共にする関係になるかどうかを、短い期間で決断しなくてはなりません。そして、母国語が異なるために、オープンで効果的なコミュニケーションをとることが難しい中でこれらの課題に対処しなくてはならないのです。このような特殊な困難を一緒に乗り越えようとすることで若い二人がより絆を深めることもできますが、一方で周りのサポートを受けられずに孤立することもあります。このような難しい状況によって、IPVの危険性が高まってしまう可能性もあるのです。

While there are services and programs in both the Okinawan and American communities to help these cross-cultural couples, fear, shame, lack of knowledge, and language barriers often inhibit usage of supportive services.

そんな国際カップルのための支援サービスやプログラムは、沖縄にも米軍にも存在するものの、怖い、恥ずかしいという気持ちがあったり、支援プログラムのことを知らなかったり、または言葉の壁があったりという理由で、支援サービスを活用できていないカップルも多くいます。 

IPV+pic+4+%282%29.jpg

Get Involved

参加しよう

Join this important movement! Learn from and collaborate with other stakeholders, first-responders, and helpers. Help get the word out about services and programs to make Okinawa safer for all cross-cultural couples.

この重要なイベントに参加しましょう!他の関係者、緊急対応機関、支援者から学び、互いに協力するチャンスです。沖縄が、あらゆる国際カップルにとって安全な場所になるよう、支援サービスやプログラムについての情報を広めてください。